--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
08.11

プラネタリウム

Category: 普段のこと
名古屋市科学館のプラネタリウムは今月いっぱいで閉館になり

しばらくの休館後、

世界最大級35メートルのプラネタリウムが誕生します。


先月末、旦那さんと私とお腹のあかちゃんとプラネタリウムに行きました。

星空の生の解説もわかりやすくて親しみがあって良かったし、

空にはこんなにも星座があるんだと思わず、わぁ~っと声がでました。

夏休みなので子供たちもたくさん。みんな楽しそうでした。

星座の素敵なイラストをプラネタリウムに投射して星と重ねて見せてくれました。


今度できる新しいプラネタリウムにもぜひ行きたいものです☆



本を読みました。

どういう内容かと言うと、産まれる前の記憶を話してくれた子供たち

の言葉をまとめたものです。


「雲の上に神様と他の子たちと一緒にいて、神様のお手伝いをする天使や妖精たちも

いる世界。そこから、お母さんになる人を選んで、お腹にすぅ~と入るの!

お腹には妖精さんたちと一緒に入って、妖精さんたちが体を作るのを手伝ってくれて

出来たよ!って聞こえたら外に出るの!」


子供はお母さん、お父さん、家族を幸せにしたくて

産まれてくるそうです。

命の大切さや愛することも教えたいそうです。


どうして、お母さんを選んだの?という問いにある子供は

優しそうだったからと答えていました。

またある子は、寂しそうだったからとも答えてました。

お母さんになる人がまだ中学生くらいのときからもう決めていた子もいました。

みんないろいろなようですが、みんな自分で選んで来ているみたいです。

そして思春期くらいから自分の魂の目的を成すために動き始めるらしいです。




最近思うのは、赤ちゃんに母親は無条件に受け入れられ、愛され、信頼され

頼られることで母親になっていくんだろうなぁということです。

妖精さんもいるらしいし、お腹の中に赤ちゃんがいる不思議さ。



思考に気をつけて、無理せず、できることにチャレンジして

妊婦生活を楽しんでいます☆










スポンサーサイト
Comment:3  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。