--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02.09

小さき者よ♪

Category: おすすめ
Eテレ、子供が生まれてからよく見るようになりました

独身の頃、新婚の頃、子供番組

見ることなかったです

ここ一年、一緒に見てると、大人も楽しめる子供番組もあって

そういう番組もほうが健吾くんも集中して見てますよ

楽しいし、勉強になるのです


その中で好きな番組は

「にほんごであそぼ」

内容が

勉強になる、日本語っていいなぁ

セットや衣装もしゃれてて素敵


今、エンディングで流れる歌ぐっときました

♪小さき者よ

私も子供に伝えたいのは

こういうことだなぁと思いながら聞いています

私自身の応援歌でもあるなぁ


♪前途は遠い

然し恐れてはならぬ

恐れない者の前に道は開ける

行け 勇んで 小さき者よ

小さきものよ



☆以下 抜粋です☆

有島武郎の小説「小さき者へ」から、結びの部分を抜粋しました。

「小さき者へ」は、愛妻を結核で亡くした有島武郎が、

母を失った幼い三人の子どもを勇気づけるために書いた、

父から子どもへの真実の言葉です。

お前たちを深く愛した母がいたことを残してやりたいという思いと、

たくましく生きていくように、という願いが込められています。

悲しみに打ち勝って、未来に踏み出して行くようにと、言葉を贈っているのです。


いかなる困難に直面しても力強く乗り越えてほしいという願いを込めて、歌にしました。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2012
02.07

はだか祭 2

Category: おすすめ
こんばんは!
はだか祭、次の日も行って来ました^^
なぜ?って。
日曜日の朝からあの巨大なお餅を切って
販売するということを知り
それは行かなきゃということになりまして
土曜はさすがに人が多かったから電車で行きましたが
日曜は車で。駐車場も空いてて近くに止めれて良かった^^

IMG_0298.jpg

拝殿では昨日まであったとんでもない大きさの鏡餅たちが
解体されていました。
周辺の町から奉納された大鏡餅
↑大きな包丁!?なた?に大根の輪切りを擦りつけ
超おっきい鏡餅に立て
鉄のハンマーでその包丁をがんがん叩いて
餅を切ってました。

この餅を買うための列が境内中ぐるぐる、外まで。
2時間まちらしいと聞き、断念しました。
・・・月曜日に旦那さんが仕事の合間に買いに行ってくれ
 お餅を食べることができました。
そのお餅、濃厚でほんとに美味しい!
旦那さんの本家がお米屋さんで、そこでお正月に作るお餅と
同じ味でした!もち米たくさんの餅。

神男(しんおとこ)という はだか祭の度に選出される
はだか男の中のはだか男。
神男に触ると厄が落ちると言われてます。
その神男と握手ができるという
その列もすごかった!こちらは1時間待ちくらい
もちろん神社の外まで長い列。
やっぱりこちらも、断念。

なんとなく神男のいる特設会場をうろうろしてたら
神男がトイレに行く様子で外に出てきて
私たちの目の前を付き添いの人に支えられながら
歩いて行きました。おおお、神男!
ラッキーだよ。こんなに近くで見れた!
と大喜び☆^^☆
さすがに勝手に触れないなと思い凝視「じろじろ」。
ニュースで見たあのもみくちゃ、神男の袴からのぞく
裸足の足は傷だらけでした。
そして、すごいオーラ!!
後日、はだか祭の特集番組を見ましたが
はだか男になる前の彼とはまるで別の人。
すごく逞しくて、何かが開いてた!

なんだか、はだか祭ってすごいな。


IMG_0294.jpg

↑古いなおいをみんな返しに来てます。
私たちも、おじいちゃんの「なおい」を返してきました。

IMG_0308.jpg

↑新しい「なおい」をゲット!
これは1本100円でした。
“国府宮 なおい”と書かれてます。

IMG_0309.jpg

↑ちなみにこれは土曜日、はだか男から頂いたなおい。

IMG_0300.jpg

↑今回もじゃがバタを。お店によって味が違う!
という発見。屋台も商品と作り手をちゃんと見て
判断しないとと思いました。昨日のじゃがバタのほうが
美味しかったなぁ。

IMG_0303.jpg IMG_0304.jpg

↑健吾クンは今日のじゃがバタもお気に入り☆
嬉しいよね~おいしいもんね~

IMG_0306.jpg

↑昨日ははだか男たちのいた参道が屋台村に*^^*
はだか祭2日目ものんびり楽しめ
初日とはちがう雰囲気で新鮮でした。


Comment:0  Trackback:0
2012
02.04

はだか祭

Category: おすすめ
2月4日(土) 旧暦1月13日に愛知県稲沢市にある
国府宮 はだか祭はおこなわれます。農業の神様、厄払神。
今年は私は厄年なので、厄払いに!

国府宮駅からすぐの所に国府宮はあります。
長い参道には屋台がすごくたくさん!
いろいろ食べました^^
お好み焼きが箸に巻かれたもの↓
他には、じゃがバターも美味しかった
IMG_0277.jpg


はだか男たちが神社に奉納する笹をもって
参道を蛇行しながら進行中
まだ早い時間なのではだか男たちは少ないみたい
今日も寒いよ~
IMG_0284.jpg


ほんとに長い参道です
はだか男たちを見送り、健吾クンと記念撮影
IMG_0290.jpg

このはだか男は「なおい(儺追)布」とよばれる厄除けの布
(赤や白、黄色や水色、ピンク色の手ぬぐいのような布)
引き裂いて、分けてくれます。
これは、“難を追う”ので「なおい」といい、厄除けのお守り。
神社でも国府宮と書かれた赤と白の「なおい」は購入可能ですが
はだか男からちぎってもらうのが効果大なんですって。
ちぎるその様子はとても大変そうでした。
歯で切れ目を入れ、手で裂いてくれます。


だけど、なかなかもらえない!
金魚の水槽に餌を入れたらどんくさい金魚は餌を食べれないみたいな
ぐいぐい行かないとダメです。
わたしも、イケメンの外国人のはだか男から
黄色いなおいをもらったのに、おばちゃんに横取りされた!
ぜんぜんその「なおい」を離さないおばちゃんについて
5mくらい歩きながら、ひっぱり合い、あ~だこ~だといい合いながら
結局あきらめて、手を離し、おばちゃんにあげました。
う~~~!くやし~~~!

もう一回チャレンジ、こんどは、粋なおじさんのはだか男に。
白い「なおい」をもらいました^^
なおいを空に掲げて、やった~もらった~と嬉しかったです^^
さっき悔しかったからほんとに嬉しかった!
そう思うと、あのおばちゃんに感謝だな。
あの悔しさがなければこんなに嬉しかったかどうか・・・。


そして、拝殿に到着!
超おっきな鏡餅!しかもたくさん!
驚きです。
お参りしてきました。
IMG_0291.jpg


はだか祭のパワーでその日はいつもよりパワフルに過ごせました。
ほんとに元気になるお祭りでした~!
はだか祭2へ続く☆


Comment:2  Trackback:0
2010
05.02

アンデス 天空の鏡  ~ウユニ湖~

Category: おすすめ
天空の鏡 ウユニ湖

『標高約3,700mにある南北約100km、東西約250km、

面積約12,000km²の広大な塩の固まり。

塩原の中央付近で回りを見渡すと視界の限り真っ白の平地であり

寒冷な気候もあって、雪原の直中にいるような錯覚をおこす。』


面積は日本の四国の半分くらい。

高地にある塩の湖(めっちゃ浅いけどね)。

名前は聞いたことあったのですが、きのうTV番組「世界ふしぎ発見」

をたまたま見ていたらウユニ湖の特集でした。


その景色はとてもとても言葉では言い表せない美しさ。

圧倒的な地球の美しさを感じました。

ウユニ湖の美しさをシェアしたいなと思い、画像をネットで

探してきました 

2295638189_41b117e921.jpg

『この塩原は高低差が50センチしかないことが調査により判明しており、

世界でもっとも平らな場所でもある。そのため、雨季に雨により冠水すると、

その水が波も立たないほど薄く広がるため、水が蒸発するまでのわずかな期間に

「天空の鏡」と形容される巨大な鏡が出現する。』


写真を何枚かアップしました↓
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2010
03.27

読書 おぼえがき

Category: おすすめ

スティーブン・R・コヴィー氏の“7つの習慣 名言集”を読んでいます。

ビジネス書“7つの習慣 成功には原則があった!”の

エッセンスを再編集した 短い文章がまとめられた本です。

その中から、覚えておきたいなと思った一説を引用。



 深い価値観に基ずく

自分自身の最も深い価値観に基ずいて生活すれば

誠実、自制、内的な方向性が増し、充実した平安な気持ちに

満たされる。

他人の意見や人との比較によってではなく、自分の中から

自分を定義できるようになる。


逆説的ではあるが、他人があなたのことをどう考えているか

ということを気にしなくなるにつれて、

彼らの気持ちや

自分との関係をもっと大切にするようになる。


他人の欠点があなたの生活を支配しなくなる。

自分の心の奥底に確固たる中心を持つようになり、

周りの世界の変化に

振り回されず対応できるようになるのだ。 」
 



hana.jpg

野に出れば、色とりどりの花が咲いてて

眼には見えないけれど

こんなふうに妖精が花の香りを楽しんでる姿をイメージ

してわくわくしたり。

花が太陽に向いているのを見て自然の営みを感じたり。

幸せはいつもいたってシンプル!


Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。